沖 琉 ネット





 

情報の多様性

 

近隣国の情報

 

日本の国力

 

 

 

 

以前のサイト


 


 
        
掲示板
お問い合わせはメールの
宛先に下記のアドレスを
貼り付けて送信願います

mail@okiryu.net
  11/27の記事    ダライ・ラマ14世が11/20来日・講演し、中国のチベット抑圧政策を批判
 チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世が11/20来日・講演し、中国のチベット抑圧政策を批判した。
「中国共産党はいろんな方法でチベット人を抑圧、殺戮。洗脳し、チベット人の精神を抹殺しようとした。」
と強調した。
 ペンス副大統領も先月の演説でこう述べている。
「10年間に150人強のチベット僧侶が抗議の焼身自殺をし、100万人のウイグル人が収容所に入れられて
洗脳を受けている」と中国の人権弾圧を批判した。

詳細はここをクリックして新聞切り抜き記事を参照下さい
(※ 参照記事をクリックすると文字が大きくなります。)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 以上     先頭に


  11/15の記事    日本のの防空識別圏に中国も重複して識別圏を設定してから満5年!
 中国政府が東シナ海上空に防空識別圏を設定してから11月23日で5年。
東シナ海シナ海での戦力は向上して活動も活発化し、日本や米国との間で空の緊張が高まる。

詳細はここをクリックして新聞切り抜き記事を参照下さい
(※ 参照記事をクリックすると文字が大きくなります。)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 以上     先頭に


  11/15の記事    中国軍、インド太平洋全域で米に対抗
 「中国軍2035年に、インド太平洋全域で米に対抗」との見出しが注意を引いた。
米議会の諮問機関が昨日に公表した年次報告書である。

 現在、中国が米軍に対抗できるのは、日本の伊豆諸島からグアム、パプアニューギニアをつなぐ「第2列島戦」
までだが、今後その範囲を拡大し、海軍増強により2025年には世界中に展開できるようになるとしている。
詳細はここをクリックして新聞切り抜き記事を参照下さい
(※ 参照記事をクリックすると文字が大きくなります。)



------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 以上     先頭に


  10/29~11/1の記事   中国の領土的野心
          ① 狙われる日本と南モンゴルの現状(10/29)
          ② チベットとウイグルの現状(10/30)
          ③ 印象操作とフィリッピン侵攻(10/31)
          ④ 在外中国人が便衣兵に(11/1)
① 狙われる日本と南モンゴルの現状(10/29)
 中国は膨大な移民を送り込み、現地の人間を少数派にしてしまうことが得意。
その後、自治区とされたモンゴルは文化や言語が消え、実権も奪うためにモンゴル人80万人逮捕、内6万人殺害。
独立のために戦うモンゴル人の意欲を奪うために、その殺害方法は残虐を極めたといわれている。
詳細はここをクリックして新聞切り抜き記事を参照下さい
(※ 参照記事をクリックすると文字が大きくなります。)

② チベットとウイグルの現状(10/30)
 モンゴルと同じく中国軍に占領され、中国人を多数送り込み、チベットを自治区にして元の通貨を使えなくし、
中国のお金を使い、チベットの財宝を盗み、チベット人は第二市民的地位に落とされ、高等教育は中国語とする。
 ウイグル(元は東トルキスタン)もチベットと同じく中国人を多数送り込み新彊ウイグル自治区が成立。
無断で核実験を行い奇病が多数発生し、沢山の人々がなくなる。空港に「人体機関輸送通路」ができ、
臓器移植ビジネスが莫大の利益を中国にもたらす。
詳細はここをクリックして新聞切り抜き記事を参照下さい

③ 印象操作とフィリッピン侵攻(10/31)
 すでに侵略された南モンゴル、チベット、東トルキスタン、は中国の自治区になったが、海外に向けては、
以前からその国々が中国の一部分であったような印象操作をしている、と記している。
そういう印象操作は歴史にもあり、チンギスハーンが中国の地に建国した「元」は、モンゴル人の王朝。
近年まであった「清」も中国の地に建国した満州人の王朝。漢民族による5千年継続した歴史はないとのこと。
 1991年フィリピンは米軍基地閉鎖を決定し、翌年米軍撤退。その後1995年に、弱体化したフィリッピン軍を
横目に中国がフィリッピン近隣の地域を占拠し建造物を立てた。反省したフィリッピンは米軍の再駐留を認めた。
詳細はここをクリックして新聞切り抜き記事を参照下さい

④ 在外中国人が便衣兵に(11/1)
 中国脅威の一つに「国防動員法」がある。在外中国人を便衣兵にできること(民間人に偽装しての各種敵対行為)
中国は心理作戦が巧く,相手の国や組織に入り込み弱体化させる。各国にある「孔子学院」はスパイ組織とされる.
中国には国境概念がなく、昔、中国の各王朝に朝貢していた所は中国の領土だから、琉球も中国の物、国際法なし.
中国は米国に代わって世界の大国になると明言するのは、軍事的・経済的自信がついたからで,他国では規制開始。
詳細はここをクリックして新聞切り抜き記事を参照下さい

------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 以上     先頭に


Copyright © 2016 Okiryu.net All Rights Reserved.